開催概要

    OUTLINE

つくりながら学ぶ、これからの教育

 

このたび慶應義塾大学ソーシャル・ファブリケーション・ラボ (代表:環境情報学部准教授 田中浩也)は、ファブファンデーション、スタンフォード大学, 一般社団法人 国際STEM学習協会との共催により「FAB LEARN ASIA 2015」を開催します。 デジタル・ファブリケーションの新しい時代を担う、これからの教育のあり方を共通項に2日間に渡って多彩なプログラムが実施されます。国策として実施している米国のSTEM(Science  Technology Engineering and Math Education)のこれまでの取り組みや最新の状況を踏まえ、第一線の研究者や実践者らとともに理解を深めていきます。今後、日本及びアジア諸国の発展において、3Dプリンタやレーザーカッターなどデジタル制御された複数の工作機械、回路設計、電子工作、プログラミングを総合的に使いこなす能力は必須となります。先駆的な学習のあり方を実践する各国の多彩な事例を交えながら、国内外のより良い学習環境創出に向けて知見を広めていきます。 

 

アジア初の国際会議の日本での開催は、これからの日本を含めたアジア諸国と構築する『次世代型ものづくり教育』の先端的実験活動への一層の参加、共有、貢献、そして発信を期待するものです。

 

 

 

FabLearn アジア国際会議実行委員会

実施概要 
 

日時       2015年12月12日(土) - 13日(日)   

     12日(土) 10:30 - 17:30 (開場:10:00)

             13日(日) 10:00 - 17:30 (開場:9:30)

会場       横浜市開港記念会館

                  〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地

参加費    学生・教員・一般・法人 によって異なります

参加申込方法  詳細はコチラ

定員       2日間 延べ400名

主催       慶應義塾大学ソーシャル・ファブリケーション・ラボ

共催       Stanford University

             Fab Foundation

             国際STEM学習協会 (FabLab Kamakura)

後援       横浜市

協力   横浜コミュニティデザイン・ラボ  

言語       英語 / 日本語 

     午前 : 基調講演などが英語の場合、同時通訳あり

               午後 : ワークショップ/ディスカッション

         英語サポートスタッフがおります

 

お問い合わせ   info@fablearnasia.org

 

 

 

Copyright © 2015  FAB LEARN ASIA COMMITTEE  All Rights  Reserved